いつまでそばにいれるかな。。。

いつまでそばにいれるかはわからないけど
一緒にいれる時間を大事に残しておきたい。。。。

どうなったかのつづき…。

鯖折りギュウからのつづき…。





鯖折りギュウしながら彼サンが




なんかずっと会えなかったね…

久しぶりだよね。





私無言…。

でも、

それはあなたが嘘ついてお出かけしたから!

と、心の中で叫んだ(笑)





こんなに会わないの珍しいよね…

はぁ〜〜(^^)

くっつくのも久しぶりだしね




10日しかだし…

それにそうしたのはあなたでしょ?

とまたまた心の中で絶叫!


その間も彼サンはあちこち触りだして

首筋にマーク付くギリギリの強さのチュウするし…




帰らなくていいの?




冷めた低いトーンのわたしの言葉に

今度は彼サンが無言。


先週の彼サンのクラスを交代した時の報告を

そんな時に始めるわたし(^^;;


彼サン無言のままで

手と口は巧みに動いてて…


服の中に手を入れて

身体中撫でて始めた




なんでこんなにすべすべしてるの?

ずっと触ってたい…




なんて言い出すから

だんだんわたしもガマンが出来なくなりそうで

帰るんでしょ?って言おうとしたら

長くて深いチュウで口塞がれました(>_<)




嫌なの?




と、鯖折りギュウしながら彼サンが。


ギュウしながら

髪の匂いをおっきく吸って





久しぶりの匂い…

ふぅ〜〜。





彼サンの顔を黙って見上げてたら

またまた鯖折りギュウ…。


多分、ごめんねの変わりなんだろうなぁ…って。


謝れない人なのはよくわかってるけど

わたしも言葉で責めないのが

逆に彼サンにはキツいのがわかる…




わかってるよね…。




と、一言だけ言って

両方のほっぺた思い切りつねって

得意の頭突きを2発おみまいしてやりました!







わたしが何が言いたいのかは百も承知。


言い訳もしないけど謝りもしない…

もちろん、傍若無人好き放題と言うわけじゃない

事と次第によるし

過去にもちょろちょろっとたしなめてきた


でも

自分の中でのルールみたいのがある

そこは譲らない

それで何か言われるなら

それで構わない。みたいな。

だから仕方がない…って感じ。


もともとかなり頑固で

ちょっと個性的な彼サン

でも、それが彼サンでもあるし…

家族が出来て

その分また譲れないところが増えた。



チームでもここまでわかってるのは

わたしだけらしいし

わたしじゃないとブレーキ掛けれない時もある


わたしは彼サンシッターか⁈って

思うこともあるけど

付き合いも長くなってきたし

仕方ないのかな…。








で、結局そのあとは彼サンペース。


だけど

なんだかいつもより優しくて

ゆっくり丁寧にいっぱい仲良し♡出来ました。




そう、珍しく彼サンに聞いたことがあった!



ズボラなわたしだからいつ書けるかな〜〜(^^;;




また何か起こらないといいな…。。。







って、今日は彼サンに会う日!



もちろん練習でだけど………o( _ _ )o ショボーン