いつまでそばにいれるかな。。。

いつまでそばにいれるかはわからないけど
一緒にいれる時間を大事に残しておきたい。。。。

あったかかったぁ…(๑°艸°๑)

昨日練習に行ったら

なんと彼サンが先に来てました

あんまり無いことたがら

びっくり‼︎:(;゙゚'ω゚'):


「今日午後から会社サボっちゃった〜(笑)だから早く来てトレーニングしようかなぁって思って。」


と言っても、サボってないのはわかってる

仕事はきちんとキッチリな人だから(*^^*)



彼サン、トレーニング始めたの見届けて

私は着替え始めたら…


彼サン更衣室乱入…(^^;;



「寒くない?

なんでこんなにいつも冷たい手してるんだぁ〜〜>_<」


って…ことで

まずは

私の冷たい手を彼サンの身体で温めてくれました


次にギュウで身体も温めてくれて…(〃ω〃)



でも

あっという間に脱がされて

彼サンの思うがままに好きにされちゃって

気付いたら椅子に押し倒されちゃってました(笑)(//∇//)



身動き出来ないくらい強く

でも優しくチュウの嵐…(๑˃̵ᴗ˂̵)


逃げようとすればするほど

彼サンのS魂に火がついちゃうみたいで(//∇//)


そんな私も

イヤ…って言いながら

Mモードに突入して

優しい羽交い締めに

トロトロにされちゃって(〃ω〃)



「トレーニング…は…?」



「こっちもトレーニングしないとね!

う〜〜ん、ココはコリコリしてるよ…

コッチはトロトロ…(笑)

心配だからもっと触ってみないとね〜」



返事する間も無く

くちびる塞がれて

彼サンの手が優しく優しく身体中チェックしてくれました(〃ω〃)



そしてみんなが来る頃は

なぁんにも無かったように

2人でそれぞれトレーニングして

普通に練習もして…


でも彼サン曰く



「練習中ずっと目がトロンとしてエロっぽかった(笑)」


って…

恥ずかしい(〃ω〃)





そして帰り。



みんなより先に出て

2人で駐車場に行くと

彼サン、自分のクルマの助手席片し始めて…



「ちょびっと乗って…」



と言われて、何かわからず乗り込んで

ドア閉めたとたんスイッチ入って

チュウの嵐(๑°艸°๑)

びっくりしながらも

私も♡モードでやめたくなかったけど



「ちょっと待ったぁ〜みんなが来るよ〜〜∑(゚Д゚)」



「いいじゃん、練習の話ししてたって言えば(笑)」



「そんな訳にはいかないでしょ…」



「残念だなぁ…」



私も彼サンのクルマ久しぶりだったし

もっと話しもしたかったし

♡もしたかったけどさすがに…´д` ;




バイバイのチュウ

いっぱいしてくれたけど…



練習早く来たり

♡モードが凄いときは

何となくわかる…



疲れてたり寂しかったり不安だったり何かあるとき…彼サンは何も言わないけど。





元気に帰ってくれたけど

疲れてたのかな…。





でも昨日の彼サンのギュウもチュウも

すごくあったかかったぁ…♡



それにいつもより長く2人でいれて

すごく嬉しかったぁ〜(*^^*)