いつまでそばにいれるかな。。。

いつまでそばにいれるかはわからないけど
一緒にいれる時間を大事に残しておきたい。。。。

たのしい1日…(*´艸`*)

昨日は集合時間早くて

いつも以上に早起きして

彼サンとの待ち合わせの電車に。



駅に着いて電車からホーム見ると

彼サンも探してくれてるみたいで

電車の中覗いてた(*^^*)


私は1番後ろの車両の1番後ろのドアの前に

彼サンは1番前のドア…

慌てて移動して


「1番後ろって言ったから〜(笑)」


「ドアも1番後ろって言ってないだろ〜(笑)」


それからピタっと彼サンに引っ付いて

ずっと電車でおしゃべりながら会場に…


みんなと集合して試合のお手伝い。

でもお手伝いは

お互いキッチリやるタイプなので

しっかりバッチリ!


終わってからみんなでお昼食べて

その後は試合観戦。


どこ座ろうかなぁと思ったら

彼サンがみんなにわからないように手招き。


ほんの少しだけみんなと離れて

2人で座りました(*^^*)




そして帰り…


帰りはみんなも一緒かぁ〜〜って

頭の中で考えてたら

なんてキセキ!

人混みでみんなと離れてはしまって

またまた2人で帰れることに(๑˃̵ᴗ˂̵)


「みんないないね…。」


「ちょうどいいじゃんまた2人で帰れるじゃん(^_-)」



帰りは駅も電車も混んでるうえに

私は人混みが苦手…(´・_・`)


ちょっとモタモタしてたら彼サンと離れてしまって…気付いた彼サンが


「しょうがないなぁ〜〜(笑)」


ってギュッと手を繋いでくれました(*´艸`*)



それからは電車に乗るときは手を繋いで

電車の中ではずっと守って

ギュウしてくれてました(〃ω〃)


苦手な電車と人混みに感謝だぁ٩( ,,˘ ³˘)♥



そしたらふと彼サンが


「本当はねも少し早く終わったら買い物したかったんだよな〜」


「今からでも行ったら?私帰れるから!」


「はっ?一緒に行こうと思ったんでしょ?

ま、また今度行けたら行こうね!」


って。

練習に使う道具の買い物

私にも一緒に見て欲しかったのと

私が欲しい道具も

彼サンチョイスで

使いやすいの見てくれるつもりだったみたい(*´艸`*)


行けなかったのは残念だったけど

そんな風に思ってくれてただけで

うれしい…(*´꒳`*)



でも

だんだんバイバイする駅も近くなって

身体が少しずつ離れて…

彼サン私が乗り換えないで済む電車選んでくれてたから私も心配無かったけど



「疲れた?疲れると口数減るからなぁ〜

だいじょぶ?このまま乗ってれば着くからね!」


って彼サン。



さびしくなったの顔に出てたのかな

電車降りる時

頭をポンポンしてくれて

恥ずかしそうに小さくバイバイしてくれた



そのあと

お互いの駅に着くまでLINEしてました(*^^*)






楽しい1日だったなぁ…


だから今日は余計にさびしいなぁ…



ぜいたく言っちゃいけないね…。