いつまでそばにいれるかな。。。

いつまでそばにいれるかはわからないけど
一緒にいれる時間を大事に残しておきたい。。。。

たぶん、きっと…。

彼サンが「温泉に行こうかぁ〜〜」って

言ってくれてから、早くも1週間が経ちました。




が!温泉はおろか

お出かけのことすら

何にも話しは進展してません…

あれきり一言も出ません(*_*)




そりゃ、今までそんな話ししたことなかったし

タイミングが合えばってことで

ましてや温泉にお泊りは

かなりハードルが高い…

わざわざ、嘘をついて

理由を作ってまで行くっていうことは

彼サンにはきっと無いから

話しが進む訳もなくて…。



温泉よりかはハードル低めのお出かけも

わたしはお部屋デートしたくて言ったつもりが

彼サンはお出かけと取ってくれたから

結局温泉と同じで話しは進まない…。





でも

温泉に泊まりに行こうとか

お出かけしようとか言ってくれるってことは

少なくとも

私のこと少しは好きってことなのかな…


わたしのこと

どう思ってるのか

不安で仕方なかったから


何ともない人に

なかよし♡目的のためだけの人に

そんなこと言わないよなぁ…って

自分で自分に言い聞かせて

無理やりなっとくさせてます。







多分、きっと

温泉もお出かけも行けないと思う

叶わないと思います。



忘れん坊の彼サンだし

おうち第一だし…。







でもそんな風に

一瞬でも考えてくれただけでいいかな…

言葉にしてくれただけでって。



期待しちゃうけど

期待するから叶わない時が辛くなる



彼サンには申し訳ないけど

あまり

期待しないようにしてます…。




今までも

結構約束したこと

忘れられたり

叶わないことあったし…



今回のことは

わたし達にとっては

壮大なプロジェクトだし(笑)




それにお泊り行ったら大変!

スッピン見せれないし

お腹出して寝ちゃうかもだし

口開けて寝ちゃうかもだし…∑(゚Д゚)



キケン!キケン!(笑)





だから

行けたらいいなぁ〜くらいが

ちょうどいいかな…って。




それくらいに思うようにしてます…。

うれしかったコト…②

ずっとくっ付いていたかったけど

着替えて練習場出た。


駐車場までの100メートル

唯一、手を繋いで歩ける。


手を繋いでぴったりくっついて歩く。

その間も眠くて眠くて…f^_^;



今日どうしたぁ?

そんなにメロメロ?(笑)



なんだろなぁ〜

いつもより眠い……… (つω-`*)

なんかさ

このまま〇〇(彼の名前)と眠ったら

よく眠れそうだなぁ〜〜( u _ u ) クゥゥゥ。o◯





じゃあ、今度、温泉にでも泊まりに行くかぁ〜〜!




ん⁇((((;゚Д゚)))))))






どっか〜〜ん(((o(*゚▽゚*)o)))♡




って、ここでなりました!!


なんだ話し引っ張った割にはこんなコト⁈って

思うと思いますが…


今まで、旅行はおろか

ちゃんとしたお出かけは無いし

ましてや、お泊りなんて(´・_・`)


まさかそんなコト言ってくれるなんて思ってなくて

びっくりしてうれしくなって

頭の中で花火が上がりました( ´艸`)





行く‼︎行く‼︎

ほんとに?




うん、でもなかなかタイミング合わないんだよね…




そうだよね…




どっか〜〜んと上がって

もう落ちた…って一瞬なりました


でもその時のわたし

珍しく食い下がって…





じゃあさぁ、〇〇とわたしのタイミング合ったら

お出かけしよ‼︎




そだね!

じゃあ、行きたがってた〇〇に行くか〜〜!




でも、どうせ忘れちゃうからなぁ〜〜

ね〜〜、忘れちゃうもんね〜




ん?(笑)

忘れないでしょ(^^;;




忘れちゃう!

絶対忘れちゃう!

約束だからね!絶対だから!




わかったよ(^^;;

じゃあ、温泉どこに行きたいの⁇




ん〜〜




わたしが考えてると彼サンが

笑いながら

近くのスーパー銭湯の名前を言い出した(>_<)




それ違うでしょ!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾




(笑)(笑)(笑)




絶対だからね!

嘘ついたら

忘れちゃったら…

コ〇シますよ………(¬_¬)



って、言いながら

首しめてあげました…(^^;;




わかった!わかった!(^^;;






そのあと、バイバイのチュウ♡して

お互いクルマに…

こっちを向いてわたしを見送ってくれる彼サンに

手を振ってそれぞれ帰りました。




多分、今日のわたしの食いつきには

彼サンびっくりしたはず。



あれから

普段あまり妄想しないわたしだけど

どこに行こうかとか考えたり

お泊りの時のイメージを

勝手に思い描いたり

何着て行こうとか

勝負下着は⁈とか

まだな〜〜んにも決まってないのに

考えちゃってます(*´艸`*)



完全に舞い上がってるおばちゃんです(^^;;






でも

思うくらい

考えるくらい

妄想するくらいは

いいかなって思ってます(*´˘`*)♡

うれしかったコト…①

彼サンは少し変わったけど

小さな上がり下がりはやっぱりあって

でもとりあえず

わたしは普通にしてました。



で、先週の土曜日は子どもたちの交流戦。

わたしは彼サンが来れるかは基本聞かない。


そしたら朝から

今日行くよ〜ってLINEが。

意地悪なわたしは

用事あったら無理しなくていいですよ。と…


行くよ〜〜!とすぐ返信。

スタンプもおまけについてた。



そして時間に会場にへ。

ほどなく彼サンも到着!


話しはちょっとそれるけど

子どもたち、すごく頑張って

いい成績たくさん残してくれた!


嬉しくて

帰りに2人でその話ししながら駐車場に。


私はそのあと大人のクラス担当で

練習場に行かなくちゃいけなくて

でも土曜日だし

彼サンは帰るんだろなって思った。


駐車場で少しお喋りしてたら



さ、行くか〜〜!



うん、

お疲れさまでした!



ん?俺行くよ⁉︎練習!



えっ?

わかりました!向かいます!



うぉ〜!うれしい〜〜!って

ココロで叫んで

もしかしたら、ちょっと♡モード?

なんて考えながら

彼サンのクルマの後ろについて

練習場に移動!( ´艸`)


が、しかし!準備して待ってても

だれ〜〜〜も来ない(・・?)

まぁ、土曜日だしね…


その間も彼サン黙々とトレーニング!


わたしは交流戦の報告をノートにカリカリ!


しばらくすると…

筋トレしてる彼サンが



きつ〜〜い(>_<)



ん?どしたぁ?



近くに行くと

彼サンが胸をいきなりモミモミ(笑)




気を紛らわせるのはコレが1番だから〜〜(笑)




(//∇//)←わたしこんな感じ(笑)




うれしい?感じちゃう?(笑)




このくらいじゃ、何ともないです!(ง •̀_•́)ง‼




じゃ、このくらいは??(¬_¬)(笑)




ダメです‼︎(//∇//)

さ、練習!練習!




何とかごまかして

そのあと真剣に

彼サンのトレーニングに付き合ってあげて

誰も来ないし、少し早めに片付けして

着替えしようとしてたら

彼サンがバックハグ…♡

胸を激しくされながら

首すじにいっぱいチュウ♡(〃ω〃)


なかよし♡したくて来たんだなぁ〜〜って

思いながら、彼サンに身を任せて

服を脱がされ…

強くギュウされて

お互いの肌の温もりを確かめて…


好き放題にしてもらいました(*´艸`*)


彼サン、かなり激しくて

メロメロになっちゃうと

いつもわたし眠くなっちゃって…

でもこの日はいつもよりメロメロにされたから

眠さが半端ないf^_^;

最後は

彼クンを食べてあげてるから

お口にしながら眠いよぉ〜〜(つω-`*)

ってなっちゃってf^_^;



眠いの〜〜??(´・_・`)

でもマッタリとまた違う感じでいい(笑)



って、照れながらも

ずっと頭を撫でてくれた。


わたしが眠くて

思わずお口から離しそうになった瞬間

彼サン、ゴール(*´艸`*)

ギリギリ、お口で、キャッチ!

てか、彼サンも慌てて

わたしの頭を押さえた(笑)



そのあと、また肌の温もりを確かめて

ずっと抱き合いながらウトウト…




やばっ!俺まで寝ちゃう!(笑)




でも多分、10分くらい2人で寝てました…


仕方なく離れて

帰りの支度を始めたのでした…。




つづく。。。